corpration

企業理念

「捨てる」という行為を
「活かす」という行動に変える

弊社は、産業廃棄物中間処理業者として事業を展開する中で、「処分・処理」から「未利用資源の甦生(さいせい)・活用・循環利用」へと事業内容を転換していくことが、循環型社会構築に向けた当社の使命であると痛感し、様々な廃棄物を資源として活用する取り組みを「事業(ビジネス)」として実践・継続・発展させることを基本方針として掲げ、限りある資源の甦生(さいせい)・再利用に必要となる技術開発等の環境に配慮した企業体を構築することが使命であると自負しております。

企業概要

社名 トラスト企画株式会社
代表者 代表取締役 宮野 悦甫
設立 1988年4月
資本金 1,300万円
所在地 〒971−8183 福島県いわき市泉町下川字八合61番地の4 地図を見る
TEL 0246−56−2776
FAX 0246−56−7150
工場所在地
環境センター 福島県いわき市泉町下川字境の町116番地の1
四倉工場 福島県いわき市四倉町白岩字椚原53番地
遠野事業所 福島県いわき市遠野町滝字島廻92番地

関連会社

  • 宮野電気興業株式会社
  • トキワ物流倉庫株式会社
  • トラストサービス株式会社
  • 常陽化成株式会社
  • 有限会社トラストキャリーシステム

会社沿革

1988年 福島県いわき市泉町下川にて会社設立
1994年 産業廃棄物中間処理施設開設
1997年 (財)日本容器包装リサイクル協会と再商品化実施契約締結
ペットボトルの再商品化事業を鹿島工場にて開始
1999年 廃食用油からのBDFの精製開始
2001年 ペットボトルの再商品化工場をいわき市遠野町へ移転
リサイクルセンター遠野事業所設立 設備能力を1万トン/年とする
2003年 木質系バイオマス分解ガス化熱分解ガス化コージェネレーションの実証試験調査開始
BDFの増産のため、精製工場をいわき市四倉町へ移転
2004年 BDF精製工場を増設、精製能力を7,000L/日とする
木質バイオマス熱分解ガス化実証プラント設置
2005年 木質バイオマス熱分解ガス化実証プラントに発電設備を設置
2008年 バイオマスエネルギー発生システムの開発・製造・販売を開始
2010年 廃棄汎用樹脂・複合樹脂の相溶化による甦生(さいせい)原料化事業開始
2011年 放射性物質の除染(湿式、乾式)に係る研究開発開始
2012年 使用済み電気電子機器等含有有用金属の分離・分級回収装置の開発開始
2015年 RPF製造プラントの設置、甦生(さいせい)燃料化事業を開始
CNF(セルロースナノファイバー)の実用化開発の開始
自社ブランドプロジェクト「MIYAVIE」始動
2017年 次世代高機能環境新素材(抗菌素材・ナノファイバー)の開発を開始
  • MIYAVIE